ガラス修理の方法~安全のために~ガラスナビ

リビング

種類を確かめよう

女性スタッフ

住まいにおいて欠かせないものである窓。その素材には主にガラスが主流です。ガラスは透明度が高く、光をよく取り込むことは利点ですが、割れやすいという特徴は難点でもあります。そのため、割れてしまった際には交換や修理が必要になってきます。物をぶつけたりすると比較的容易に割れてしまうガラス。素材的に強度があって透明度も高いものならアクリルでも申し分ないような気が確かにします。にもかかわらず昔から変わらずガラスが使われている理由とは何なのでしょうか。傷がつきにくいのは特徴です。確かに衝撃によって破損しやすいのがガラスですが、経年劣化や細かな傷がつきにくいというのがガラスの大きなメリットの1つです。アクリルは強化することでガラスより破損が少なそうですし、安全な気もします。ただし、砂埃などの微細な粒子でも傷がつきやすく、住宅用の窓にはアクリルは向いていません。その点では細かな傷が簡単にはつきにくいガラスが優勢です。意外と耐えるといわれています。アクリルとガラスの大きな違いの1つが、衝撃以外の耐久性です。衝撃による破損は実はアクリルでも起きやすく、決して割れにくいとはいえずガラスに取って替わるほどではありません。さらに、アクリルは熱や風化に弱いという特徴もあり、耐熱性や外気での変化の少なさということにおいてもガラスに軍配が上がるのです。ガラス修理、ガラス交換の業者に、専門的に長く事業を続けているところが多いのは、昔から需要が途切れずにあるためです。どのようなガラスにするか交換業者に決めてもらうのも一つの方法です。そのコストにあったガラスを選んで交換してもらうといいでしょう。